即完売のおはぎ

秋保名物、「秋保のおはぎ」。社員旅行に行っていた妻からのお土産。秋保温泉街にある「主婦の店 さいち」で売られている。開店前からおはぎ目当ての行列ができていたそうだ。妻もぽれぽれ並んでゲット。一日5000個ほどが早々と完売する程の人気ぶりだそうだ。

秋保のおはぎ

断面図(↓)を見ると、あんこの厚みが際立つ。

秋保のおはぎ

ところがだ、甘すぎずむしろさっぱりしていて、ペロッと食べられてしまう。手作りの味。家庭の素朴な味。「うまいっ!」というよりは「また食べたいなぁ」という思いになる。

さいちの社長が出版した「売れ続ける理由 一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法」も気になるところ。

宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27



 
レシピ集:『ごちそうさまが、ききたくて。』