脳に良いのは「ぽれぽれ」糖類!?

脳は体重のわずか2%の重さでありながら、全エネルギーの20%を消費するそうだ。そのエネルギー源がブドウ糖。ブドウ糖不足はガス欠となる。「食べ物を変えれば脳が変わる」では、「スローリリース」なるブドウ糖の補給を推奨している。ブドウ糖を血液中にゆっくりと放出すること(ゆっくりと血糖値を上げるということ)だ。

スローリリースを実現する食べ物は、野菜、豆類、全粒粉などだそうだ。主成分が精製されていないデンプンであるので、酵素によってブドウ糖に分解されるまでに時間を要するのだ。他方、白砂糖など高度に精製された糖は即ブドウ糖に分解され、血糖値を急激に上昇させる。ファーストリリースだ。ファーストリリースの問題点を以下に列挙する。

  • 肥満の原因になる。血糖値が急激に上昇すると、ブドウ糖はエネルギーとして消費される他、脂肪として貯蔵される場合がある。
  • 血糖値を安定に保つのが難しくなる(低血糖症)。集中力の欠如、物忘れ、イライラ、めまい・・・などなど心が不安定になる。ファーストリリースは直ぐに元気になる一方、すぐに燃え尽きてしまう。なんとなく分かるよね?
  • 他にもいろいろ

ちなみにファーストリリースの代表格が、もち、プレッツェル、ハチミツ、コーラやジュースなど。白砂糖を含むものは要注意だ。まして、白砂糖をなめるなどは最悪だそうだ。。。僕も経験あるけど。。。

なるほど。とにかく「ぽれぽれ」時間をかけてブドウ糖に分解されればいいんだな。そうすれば、頭も冴え、心も落ち着き、集中力も高まり、やる気も出る!参考までに、旧約聖書に登場するダニエルは、王様が食べるようなご馳走や美酒を拒み、野菜と水を採ることを求めた。結果、

・・・彼らの顔色は、王の食べるごちそうを食べているどの少年よりも良く、からだも肥えていた。 (ダニエル書1章15節)

さらに、

・・・知恵と悟りのあらゆる面で、彼らは国中のどんな呪法師、呪文師よりも十倍もまさっていることがわかった。 (ダニエル書1章20節)

ダニエルの食生活、ちょっと気になるかも。




 
レシピ集:『ごちそうさまが、ききたくて。』