水(三杯目:みずみずしい肌)

かわいい、かわいい、甥っ子(間もなく2歳)だ。お肌が「みずみずしい」。ぷるんぷるんの肌、いいなぁ。かわいいなぁ。

甥っ子

病気にならない生き方」によると、

人間の体の大部分は水でできています。乳幼児で約80%、成人は60~70%、老人でも約50~60%が水分です。赤ちゃんの肌がぷるぷると「みずみずしい」のは、それだけ細胞に含まれる水分量が多いからです。ですから、フレッシュなよい水をたくさん飲むことは、人間の体にとってとても大切なことです。


ふむふむ。みずみずしさを保つ秘訣は、良い水を飲むことだ。単純である。同書が薦める一日あたりの水の最低摂取量は、成人で1500cc~2000cc、高齢者でも1000ccだそうだ。1.5リットルは必要。コーヒーやお茶などは利尿作用がある為、飲めば飲むほどかえって体内の水分が奪われる場合がある。みずみずしくある為には、あくまでも水。

水シリーズの四杯目(次回)は、どんな水を飲めば良いのかについて。水にも良し悪しがあるのだ。ではでは。




 
レシピ集:『ごちそうさまが、ききたくて。』