「殿」について

「殿」という漢字。「殿(との)」でもあるし、「殿(しんがり)」でもある。しんがりとは、

後退する部隊の中で最後尾の箇所を担当する部隊を指す。(中略)戦闘時以外の使用法には、隊列の最後尾の人や、順番が最後の人に対して使う場合がある。 (「Wikipedia」より)


つまり、敵の追撃を阻止し本体を擁護する役目を担っている。さらに言うならば、己が犠牲となり他を生かす存在である。

イエスさまは言われた。

「だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい。」(マルコの福音書9章35節)

「殿(しんがり)」が「殿(との)」である。




 
レシピ集:『ごちそうさまが、ききたくて。』