ゲスト: アリ

知恵者中の知恵者、蟻

働かないアリに意義がある」を読んでアリの生態に感動したが、聖書でもアリについての奥義が記されている。

なまけ者よ。蟻のところへ行き、
そのやり方を見て、知恵を得よ。
蟻には首領もつかさも支配者もいないが、
夏のうちに食物を確保し、
刈り入れ時に食糧を集める。
(箴言6章6-8節)

この地上では小さいものが四つある。
しかし、それは知恵者中の知恵者だ。
蟻は力のない種族だが、
夏のうちに食糧を確保する。
(箴言30章24-25節)
続きを読む

アリの7割は何もしていない

働かないアリに意義がある」によれば、アリの7割は巣の中で何もしていないそうだ。中には死ぬまで殆ど仕事しないアリもいるらしい。と言っても、積極的に仕事をさぼっているのではなく、残り3割に仕事を先取りされてしまっている故。働きたくとも仕事がないので何もしていないのだ。これって、人間社会にもある現象だ。

仕事にありつけるか否かは、反応閾値と呼ばれる個性に依存するとのこと。仕事に対する腰の軽さの個体差だ。同書の例えが分かりやすい。

人間にはきれい好きな人とそうでもない人がいて、部屋がどのくらい散らかると掃除を始めるかが個人によって違っています。きれい好きな人は「汚れ」に対する反応閾値が低く、散らかっていても平気な人は反応閾値が高いということができます。要するに「個性」と言い換えることができるでしょう。
続きを読む